上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
20100427 0011
スポンサーサイト
2010.04.25 君子蘭
君子蘭の花が咲きました
20100420 0011
(ピアノの上にあるので下から撮影(笑))

クンシラン (君子蘭)は、細長い茎と葉を持ち、春に朱色の花を咲かせるヒガンバナ科クリビア属の半耐寒性多年草です。花は茎頂部に5~8個かたまって咲かせます。花色は一般的な朱赤の他に、薄黄や白色、桃色があります。葉は、細葉や中葉、広葉、斑入り/斑無等、種類が豊富です。ウケザキクンシラン(受け咲き君子蘭)とも呼ばれますが、ムラサキクンシラン(紫君子蘭)とも呼ばれるアガパンサス(Agapanthus) とは科が異なります。アガパンサス(Agapanthus)は、ユリ科(=ネギ科)アガパンサス属なので別科属の花となります。

一般名:クンシラン(君子蘭)
学名:Clivia miniata(クリビア・ミニアータ)
別名:ウケザキクンシラン(受け咲き君子蘭)、クリビア(Clivia)
科属名:ヒガンバナ科クリビア属
原産地:南アフリカ
草丈:45~60cm 花色:橙・黄・白 開花期:3~5月 花径:5~7cm
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。