上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
*以前使っていたHPの『wakwak』解約に伴い
記事をこちらのブログに残していきたい思います




++思い出のキャッチ&リリースNO.4++

                                    H.Saito

311e.jpg


 


      念願のメートルオーバー
1998年11月に入り大会も大詰め、イレブンダービーで終わりだ。
逆転優勝には、   イトウ   をあげるしかない。
(11月8日)
十勝川へ状態を見に行くが、台風の影響でかなりポイントが変わってるため、上流から下流まで捜しまわり一日が終わる。
(11月15日)
再び十勝川へ向かうが、なかなかいいポイントがない。夕方にやっと見つけた。来週ここに釣りに来よう。
(11月22日)
先週見つけたポイントへ行くが、水量が多くて行けない。あきらめる!
(11月29日)
再び同じポイントへ行くが、状態変わらず。春になるまでダメかな?と思い、川を去る。

12月に入り寒い日ばかりが続き、半ば諦めていた。

(12月13日)
朝起きると暖かく、日中はプラスの気温になりそうだった。
しかし、午前中に用事があるためすぐには行けず、12時頃に済ませたが、どうしてもあのポイントが気になる。
急いで家に帰り、釣り道具を積み・・・向かう。
先客がいて下流でロッドを振っている。僕は上流で釣りを始めた。
いつものロッド10f.8#.ラインST10#タイプⅣ。
愛用のストリーマーを結ぶ。上流へキャストするが・・・当たりなし。
同じ所へもう一度キャスト。ストリーマーを川底へ沈ませながら、ゆっくりとリトリーブするが根がかり・・・切れてしまった。 今度はリーダーを50cmカット、ストリーマーを結ぶ。3m先へキャスト。当たりなし。更に3m先へキャスト。
ゆっくりとリトリーブした時2回当たり。「魚がきてる。きてる。早く、くわえろ。」と思ったその時ラインが止まった。
ラインが上流に動きだした。「ヒット!!」合わせる。ロッドはUの字「でかい!!」魚は上流へ行こうとする。押さえつける。魚は水面に上がってきた。
「イトウだ!!」
上流、下流にはもさがいっぱいある為、走らせては勝ち目がない。近くでやりとりをする。
15分位たったかな?奴は弱ってきた。あげる場所を捜し、一気にランディングに成功。
「やったー!!!」
メートルオーバー  (僕のレコード記録を上回る)
写真を撮り、リリース。
ゆっくりと消えていく・・・・・母なる川、十勝川へ。

                       どろっぺん 26号 より
                           発行日 1999年2月



hideo3311e.jpg


Secret

TrackBackURL
→http://hsbamboo.blog12.fc2.com/tb.php/218-6f39fadb
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。